ダイエットにお勧めの「ゆでたまご」

 / 

ダイエット(減量)中にお勧めの「ゆでたまご」
現代はダイエットに優れた食品が多くあります。
 
私が把握している中でも、低カロリー、低糖質、低脂肪などの食品が数多くありますがそれらを差し置いてお勧めなのが、
 
< ゆでたまごなのです!!>
 
ゆでたまごはいいですよ。^^
お腹も膨れますし、美味しいし。
 
何より卵は、
 
「この世で最も優れた食品」
 
「完全栄養食」
 
と言われます。
 
※最近は準完全食品とも。
 
牛乳と卵さえ摂取しておけば他のサプリも必要ないとも言われるくらいです。
 
減量中は栄養が偏ることも多いので、是非毎日一個は食べてください。
 
コンビニでも売っていますし、手軽に食べれ車の移動中や間食、残業中も食べれます。
 
また昔からの都市伝説で、
 
「卵を沢山食べると、コレステロールが増える」
 
と言うことが何故か浸透していますが、これは逆で、
 
「黄身の成分が、コレステロールを下げる作用がある」
 
事も解っていますし、毎日2コ食べ続けコレステロールがあがらなかった研究もあります。
 
私は車移動の時は、朝ごはん代わりに5個食べます(笑)
 
まあそこまで食べなくてもいいですが、一日1、2個はお勧めです。
 
たまごは、ひよこに成長する栄養素が全て入っているのです!
 
美味しいし、お勧めですよ^^
 
現代はホントにダイエット簡単ですよ~

脂肪を落とすのは簡単なのです

 / 


 
 
現代は本当に減量(ダイエット)が簡単な時代です。
 
今後これも現代らしい脂肪燃焼に便利なサプリ等もご紹介しますが、まずは皆様の頭の中にある、
 
「痩せるのは、辛くて困難なもの」
 
と、いった既成概念を取り払ってください。

今の時代、痩せるのは日々ストレス無く満腹食べて健康的に簡単に痩せられる。
 
と、思い込んでくださいね。
 
私もこの3か月、毎日満腹食べ毎晩ビールで晩酌し週に1回くらいは居酒屋に飲みに行って、あっという間に10㎏以上落ち体脂肪1ケタになりました。
 
脂肪を落とすのは簡単なのです。
 
ストレスを溜めずコツコツと、日々少しの食事を意識し小さい事でも運動を繰り返すと確実に痩せていきます。

ダイエットの為に必要なタンパク質を取る

 / 

タンパク質はダイエット中必須の栄養素

タンパク質は三大栄養素の一つであり、私たちの体そのものをつくりあげている大事な栄養素です。
 
筋肉は勿論のこと皮膚・髪の毛・血管・臓器もみんなタンパク質でできています。
 
減量中は低カロリーばかりを意識し、野菜をたくさん食べ肉をあまり食べないイメージが強いかもしれませんが、筋肉をつけて代謝をあげ痩せ易い体にするためにもタンパク質は減量中必須の栄養素です。
 
私も毎日のように、冷凍牛・豚・鶏をボイルした肉を食べています。
 
もちろん豆腐や納豆、乳製品も。
 
ちなみに揚げるよりは煮る、煮るよりは焼く、それよりはボイルの方がカロリー低くなります。(油も使わず調味料も使いません)

トレーニングで筋肉をつけると基礎代謝量が増加する

 / 

なぜ減量に筋肉が必要かと言うと、トレーニングで筋肉をつけると基礎代謝量が増加するのです。
 
筋肉は脂肪に比べ、維持する為にたくさんのエネルギーを必要とします。
 
その結果筋肉をつけると何もしない時でも維持する為にエネルギーを消費する痩せやすく、太りにくい体に変わっていきます。
 
普通の生活をしていても家事をしていても寝ていても、筋肉があれば勝手に脂肪を燃やしてくれるのです。^^
 
見た目も美しくなり、基礎代謝量も増えて寝ていても痩せていくなんて、もう筋肉を付けない理由はないですよね?w
 
この基礎代謝量は加齢と共に減っていきます。
 
ですから若い頃は食べても太らなかったのに、30歳を超えると同じように食べても太ってくるのはこのことです。
 
ですが30歳だろうが40、50、60歳でも筋肉を付けることで基礎代謝量があがり、スタイルも中身も変えることができますので是非頑張って筋肉をつけてください。^^

小さい努力がのちに実を結びます

 / 

揚げ物も衣は取って食べましょう。
(ペーパーナプキンで油を吸わせると効果的です)
 
私も揚げ物類の衣は取り除き中身だけ食べていました。
 
こういった小さい努力がのちに実を結びます。
 
【飲んでOK】
ビールであれば、糖質ゼロ。焼酎、ブランデー、ウイスキー、ジン、ウオッカ。
 
【NG】
ビール、日本酒、ワイン、梅酒、カクテル、サワー、カロリーゼロでも糖質入りチューハイ。
 
※言うまでもないですが、飲みすぎは肝臓にも負担になりますので、ほどほどに。w

減量中は外食禁止?

 / 

連日「健康的に痩せ、簡単でストレスを溜めない」減量方法をお伝えしておりますが、今回はよくある質問にお答えしましょう。
 
それは「減量中は外食禁止ですよね?」というもの。
 
勿論、日々摂取カロリーを意識しながら運動も行い体脂肪だけを落とす生活ですので、高カロリーばかりの外食は禁止です。
 
私もそういった厳しい気持ちで過ごしていましたから、、、
 
< 外食は週に1回しか行きませんでした!(笑) >
 
いや、誤解があっては行けないので補足しますと色々大人の付き合いもあって行かざるを得なかったんですよ^^;
 
ちなみにザックリ申し上げますと、減量期間中に日々意識した生活を行い体もキチンと動かしている状態であれば、
 
< 週に1回くらい外食したところで、何の変化もありません! >
 
これはもう10年以上実体験で解っています。
 
今現在太ったな~、と感じる方もたった1回の食事で太った訳ではありませんよね?
 
コツコツと積もり積もって気がついた時には「太った」と感じるはずです。w
 
それと同じで毎日キチンと減量を意識した生活を送っていれば、週に1回くらいの外食で太ることもないのです。(経験済)
 
もちろん行かなくて済むのであれば、行かない方が減量結果は早いでしょう。
 
ですが、どうしても行かなければならない用件だったり、毎日の節制でストレスが溜まったと思うのなら、週に1回くらいはどうってことありません。
 
ストレスを溜める方が絶対太りますから!!(キッパリ)
 
逆に「今週は久しぶりの焼肉だ!楽しみ~!」
 
「だから後2日、もっと運動して頑張っておこう」
 
「後2日で焼肉だ。それまで少しカロリーを減らしておこう」
 
と、モチベーションアップにもなります。^^
 
毎日毎日苦しいことばかりは続かないのです。
 
私の減量方法は
 
< ストレスを溜めず、簡単・適当・お気楽 >
 
がモットーなのですから。^^v

運動は信号待ちで行いましょう。^^

 / 

運動は信号待ちで行いましょう。^^
 
「信号待ちでできる運動なんてあるの?」と思われがちですが、ここでも誰にも気づかれず効果的な運動を行っていきましょう。
 
ここでの運動は「ドローイン」です。^^
 
ドローインとは、胸を張り背筋を伸ばし思いっきり息を吸いながら、おへそを背骨にくっつけるような感じでお腹を凹まします。
 
そしてその状態のまま息を吐きます。お腹は凹ませたまま。

この状態を保っておくことをいいます。
 

内臓脂肪から先に落ちて行く

 / 

 
 

肉体改造を志す人は、
 
< とにかく先に、脂肪を落としましょう!!>
 
本格的に筋肉をつけるのはそれからです。
 
何度も言いますが、
 
< 食事7割・運動3割です!>
 
※痩せるだけなら、食事9割・運動1割で結構。
 
口にするものを気を付け、日々意識的に身体を使う事で
 
< 間違いなく、あなたの脂肪はそぎ落とされていきます!!>
 
それを実感するのは、まだまだ先かもしれません。
 
< 何故なら内臓脂肪から先に落ちて行くからです!!>
 
ですが、間違いなくあなたの身体は、変わって行っているのです!
 
ここで、目に見えて成果が表れないと焦る必要はない!

ここからが、ふんばりどころ!
 
ここでの頑張りが、来月、再来月に大きな結果を産むのですから!
 
体重が落ちて行くスピードが、停滞しても気にしない。
 
これから更に痩せて行く合図です!
 
毎日コツコツとダラダラと、確実に行っていきましょう!
 
夏が楽しくなりますよ。(実体験)^^

アルコールだけでは太らないんですよ。

 / 

アルコールだけでは太らないんですよ。 (多少は影響ありますよ)
 
問題は一緒に食べる「つまみ」と糖質です。
 
だから焼酎やウイスキー、ブランデー、ジン、ウオッカ、ラムなどはOKです。
 
反対にビールや日本酒などの醸造酒は糖質が多量に含まれているので、ダイエット中は飲む事ができません。(ストレスになるのなら、週に1回はOKです)

その他甘い梅酒やカクテル、サワー、カロリーゼロでも糖質たっぷりのチューハイもやめてください。
 
※言うまでもないですが、飲みすぎは肝臓にも負担になりますのでほどほどに。

タンパク質はダイエット中必須の栄養素

 / 

タンパク質は三大栄養素の一つであり、私たちの体そのものをつくりあげている大事な栄養素です。
 
筋肉は勿論のこと皮膚・髪の毛・血管・臓器もみんなタンパク質でできています。
 
減量中は低カロリーばかりを意識し、野菜をたくさん食べ肉をあまり食べないイメージが強いかもしれませんが、筋肉をつけて代謝をあげ痩せ易い体にするためにもタンパク質は減量中必須の栄養素です。
 
私も毎日のように、冷凍牛・豚・鶏をボイルした肉を食べています。
 
もちろん豆腐や納豆、乳製品も。
 
ちなみに揚げるよりは煮る、煮るよりは焼く、それよりはボイルの方がカロリー低くなります。(油も使わず調味料も使いません)