断食や、1日1食など無理なダイエット、偽物健康法を実践しない!

 / 

最近、一部のアホな医者や、中年芸能人の中でも
 
「一日一食が、若返り遺伝子を活性化させて若返る」
 
や、全く食事も摂らない「断食」、水しか飲まない「不食」だったか、
これまたアホな事を、マスコミがこぞって取り上げるので
何も知らない一部の人が真似をしようとするので本当に困ったものです。

 
書店に行っても、「一日一食やってみました」などなど、
さもこれが「健康に良い」と勘違いさせるタイトルがあるのですが、
この若返り遺伝子も、あっさり専門誌で否定されております。
(イギリスのネイチャーだったかな?)
 
発見した医師も「あれは間違いでした」と認めていますし、
真似をしないのが賢明です。
 
血糖値も安定しませんし、今後どんな健康被害が出てくるか
まだ解明されていないだけの話しです。
 
そして「断食」に関して言えば、たまに身体・内臓を休める為に行い、
その行為自体が楽しく、好きでやるのなら反対はしませんが、
ダイエット目的でやるのは断固反対です。
 
最近は何でも横文字にすればオシャレと勘違いするのか、
ファスティングや、プチ断食など、結局は同じ事です。
 
もちろん食べないので、体重は減ります。
 
ですがこれは、結局我々の身体にとって大事な
 
<「筋肉」までも減らしての体重減 >
 
ですので、代謝も悪くなり、体調も崩してしまいます。
 
海外の有名モデルが、結局この方法を行い、
死亡したケースもあります。
 
体脂肪は、何もしなくても「食べて運動しなければ勝手に蓄積」されますが、
筋肉に関しては「空腹時にタンパク質を分解」して、エネルギーとして使われるだけで
苦労をして作らないと、体には身についてくれません。
 
ですから私たちは、毎日3食食事をしても、
筋肉は使わなければ、勝手に落ちて行くのです。
 
断食のような、「長時間栄養が入って来ない状態」が続くと、
筋肉はどんどん分解され、エネルギーとして使われ、断食が終わったあとは、
 
「筋肉が減った状態」で、今までの反動で
 
< 身体の本能が、折角入って来た栄養を脂肪として蓄積 >
 
しますので、結果的に代謝の悪い、
太りやすい体になってしまいます。
 
< 筋肉はとても重要です!!>
 
特に40歳を越えてくると、付けるのは大変ですが、
落ちるのは、加速度的に落ちて行きます。(涙)
 
筋肉があるだけで、ケガの防止、水分貯蓄、熱の生産、などなど、
これから歳を重ねても、間違いなく必要なものです。
 
ロコモティブシンドローム、サルコぺニア肥満の予防などにも、
筋肉は絶対に必要ですので、無理な断食で、
わざわざ落とすような事は止めて下さい。
 
若い女性にありがちな間違いの典型で、とにかく食べ物を口にしない。
水だけ抜いて、早いダイエット効果を狙う。
 
この結果、心理的ストレスを招き、体調不良をおこし、最悪の場合は
過食症、拒食症などの摂食障害を招いてしまうケースが後を絶ちません。
 
特に40代からの身体にとっては、

< 絶対に無理は禁物です!>

ので、毎日3食しっかり食べ、ビールも飲み、居酒屋にも行き、
ストレスを溜めず、コツコツ、ダラダラと、
 
< 今後一生に渡って続けれるダイエット >
 
を選択すべきなのです。